東京大学医学部 健康総合科学科 看護科学専修

MENU

研究紹介

地域看護学教室

地域看護学分野では、全てのライフステージにある・あらゆる健康レベルの人々の健康とQOLを持続的に維持・向上することを目指して教育・研究活動を行っています。その際、コミュニティや集団の特性を活かした働きかけを行うこと、システム構築を目指すことが分野の大きな特徴です。

コミュニティや集団には、必ず社会・物理的に表現される独自の特徴があり、その特徴に応じた個別の介入策を考案することで、より効果的に介入できると考えます。考案した介入は、一過性のものとせず、コミュニティや集団の中にシステムとして構築されることで継続的に機能できます。個性に応じたシステムを提案することは、研究によって実社会を効率的・効果的に変革する時の重要な要素です。

研究活動としては、人々の経験やニーズを正しく理解して効果的な対策に繋げることを目的とし、現場に足を運んで直接対象者から話を聞くこと、ニーズや資源の地理的分布の把握、地域全体を網羅する大規模データの解析、介入プログラムの開発・検証、などを実施しています。近年の研究は、地域医療・介護、母子保健、高齢者保健、地域の精神保健、被災地支援、の分野で行われており、いずれもコミュニティの特性に応じた介入策を提案し、システム化を推進するための実践的取り組みです。

また、保健師教育課程の責任教室として、公衆衛生看護学領域に関する教育・研究を行っています。

社会の課題を解決するには、社会システムそのものを改善することも重要な要素です。多くの学生さんにとってなかなか具体的にイメージしにくい領域ではありますが、システムの変革によって、人の動きが変わり、コミュニティや集団の健康問題が解決されていくことがあるということを、ぜひ知ってもらいたいと思います。

20151006_リーフレット_地域看護学ほか 20151006_パンフレット_地域看護学教室