東京大学医学部 健康総合科学科 看護科学専修

MENU

News

海外招聘研究者による特別講義

健康総合科学科では、「学部教育の総合的改革の推進プロジェクト」の下で、学部生の海外研修を支援し、また海外から著名な研究者を招致し、教育のグローバル化を図っています(詳しくはこちら)。
今年度は、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校よりBarbara Bates-Jensen教授を招聘し、学部生、大学院生の教育にご協力いただいています。5月25日と6月1日には特別講義「病態生理学入門」「アメリカの老年学と老年医学」を開催しました(講義ポスター)。

ニュース一覧へ戻る