東京大学医学部 健康総合科学科 看護科学専修

MENU

高校生の方

高校生の皆さんへ

看護科学ってなんでしょう?

看護科学ってなんでしょう?

看護科学というのは、人の身体、心、他者や社会とのつながりがもつ力を引き出し、どのような状況であっても「健康で幸せ(well-being)な生活」を実現できるように支援する実践科学です。栄養・薬理・疾病治療・生涯発達・心理・コミュニケーション・文化・社会・情報・自然環境など、人間をとりまく基本的な教育を身に付け、患者さんの生命と安全を守るため、患者さんを中心に考えるための系統的な思考を学びます。また、健康な人や、病気ではない人に対しても、健康増進のため、健康行動や予防行動を実践につなげていきます。

一般の人が持っている看護師のイメージとのギャップ

大学卒の看護師が10%増えると患者の死亡率が5%減る

看護師について、高校生の皆さんはどのようなイメージを持っていますか。

夜勤等の激務に象徴される「大変そう」なイメージや、今まで多くのマスメディアが描いてきた「医者の助手」といったイメージに留まっていませんか。入院経験のある人は、看護師の役割をもう少しお分かりだと思います。24時間、チームで患者さんのケアにあたり、体調・病態の変化を適切に評価して、必要なケアをしてくれる人ですよね。おもしろい研究があります。Linda H. Aikenらにより2003年にアメリカ医師会誌(JAMA)で「大学卒の看護師が10%増えると患者の死亡率が5%減る」という研究が発表されました。同様の結果が2014年に英国のLancet誌で報告されています。このように、患者の命を守るためには看護師の教育レベルの向上が必須であることがわかります。

なぜ看護科学専修が東大医学部健康総合科学科の中にあるのでしょう?

なぜ看護科学専修が東大医学部健康総合科学科の中にあるのでしょう?

大学に入ると今まで思っていたような看護師のイメージとは違うと気づきます。健康問題を考える場合、どのような知識を勉強したらいいと思いますか。生命科学を基盤に対象者をミクロからマクロまでの視点で捉え、それを取り巻く社会環境との関連を考える必要がありそうです。そういった看護科学の実践者、研究者を育てるために、東大には看護科学専修があるのです。

是非、東大の看護科学専修に来て一緒に勉強しませんか?

東大入学時の全科類から進学が可能です

看護職という職業に興味がある皆さんに、看護科学とはどのような学問で、看護職とはどのような職業なのかを知ってもらいたいと思います。将来の選択肢も様々(臨床、研究、政策・行政など)で、勉強してく過程でも人間力が鍛えられます。

ここは、東大入学時の全科類から進学が可能です。