東京大学医学部 健康総合科学科 看護科学専修

MENU

専修の概要

沿革・Mission・Vision

沿革

当学科は、昭和28年に衛生看護学科として発足し、昭和40年に改組され、多くの優秀な看護人材を輩出してきました。平成28年度より、昨今の保健・医療を巡る日本及び世界の情勢に鑑み、健康総合科学科内に3つの専修を設け、より看護の専門性を意識化した学生教育及び研究を行うこととなりました。

Mission

私たちは、看護科学専修として、看護学の学術的発展及び次世代の看護を担う人材の育成を最大のミッションとしております。東大看護の使命は、人々の健康や生きることを支えるため、これまでの医療を変え、そしてそれを世界に発信できるリーダーを育成することです。

Vision

  • 基礎研究から臨床研究まで、必要な研究分野は全て取り入れ、人々の健康に、最前線で直接にアプローチする学問を構築していきます。
  • 看護ケアを必要としている世界の隅々の方へ届けるために探究心を研ぎ澄ませて、国内のみならず、グローバルに実践、教育、研究を展開し、発信していきます。
  • 多様なバックグラウンドを持つ教員と学生が対等に切磋琢磨する学問の場を作ることで、学生の主体的な学びを促進していきます。